多彩なバリエーションMany Variations

  1. ホーム
  2. 多彩なバリエーション

多彩なバリエーションで
お客様の多様なご要望にお応え致します

多彩なバリエーション

アルミニウム材とよばれる中でダイカスト用に配合(調整)された材料ですので限度がありますが、
弊社では一般材と呼ばれるADC-12からADC-6、ADC-3、ADC-1に大きく分けられる二次合金に加えて、
新塊ベースのHT-1、DM-2、DM-6、DM材各種のバリエーションを備えており、
高耐食、高放熱なダイカスト製品を供給できます。
亜鉛や真鍮を使用した実績も豊富にあり、
それぞれの材料がもつ耐食・耐熱・放熱性を用途によって選定し、使い分けています。
また、弊社の協力工場において含浸処理、アロジン処理、アルマイト処理、塗装全般、メッキ全般の表面処理が可能であり、
お客様の多様なご要望にお応えできます。

取り扱い(ダイカスト)材料

取り扱い材料 用途・材料の特徴
アルミニウム材料
ADC-12 機械的性質・被削性・鋳造性が良く、最も一般的なダイカスト合金である。
使用比率95%以上でほとんどすべてのアルミニウム部材に用いられている。

主な用途

自動車部品、家電部品など

ADC-6 耐食性・伸び・衝撃値・研磨性に優れている。

主な用途

2輪車ハンドルレバー、船舶用部品など

ADC-3 鋳造性・耐食性に優れている。

主な用途

自動車ホイールキャップ、2輪車クランクケースなど

ADC-1 鋳造性・耐食性に優れている。

主な用途

自動車メインフレーム、フロントパネル、瓦など

HT-1 ダイカスト用高熱伝導アルミ合金であり、耐食性にも非常に優れている。

主な用途

ヒートシンク、放熱特性の必要なケース、耐食性の必要なケースなど

DM-2 高純度アルミ用合金であり、アルマイト性・耐食性・かしめ性に優れている。

主な用途

釣具、バーナー、装飾部品など

DM-6 高純度アルミ用合金であり、ADC6並の機械的性質を有し、アルマイト性に優れている。

主な用途

装飾部品など

亜鉛・真鍮材料
亜鉛 アルミダイカストに比べ、薄肉性、寸法精度、装飾性に優れ鍍金が容易である。

主な用途

建築金物、装飾関係など

真鍮 強度、耐摩耗性、耐食性に優れている。

主な用途

端子、電熱機器など

お客様とのエピソードをご紹介